どんな恋をしてきました?

ボブです。

今回は20代前半から手にとって繰り返し読んでいる本から抜粋してお話したいとおもうよ。

これはみんなも知っておいて欲しいと思ったので。。。。


どんな恋をしてきたか

いま、あなたには、大好きな人がいますか?
人間が一生懸命になるのは、誰かのことを本当に愛しているときです。

例えばそれは好きな人のためにチョコレートを作ってあげるとか、料理を作ってあげるとかということから始まって、子どものために何かしてあげようとか、親孝行してあげようというときに、人は自然に動けるのです。

誰かのことを愛する、恋するというのは、
人間のモチベーションな中で最も高いものの一つではないでしょうか?

誰かのことをを好きになって夢中になっている人と、誰のことも好きにならず、好かれてもいない人と比べると、楽しさとか躍動感が全然違うでしょう。

恋愛は自分一人ではできない。
相手がいてこそ成り立つものです。
だから、相手に受け入れられるかどうか確証がないときに、その人のことを好きになるというのはリスクでもあります。

同じように好きになってもらえるかわからないからです。

でも、そのリスクが気にならないぐらいの相手のことが好きになれるかどうか。
その人と一緒にいられたら死んでもいいとおもうくらい一人の人を好きになれるかどうか。

これこそ20代にしかできないことだといってもいいかもしれません。
まだ結婚まで考えなくてもいい…
相手のことをが好きだということだけでいける年代が20代なのです。

だからそのときに、将来どうなるかは関係ない、ただ相手に向かって突っ走るという体験を持つこと。
それはあとになって、とても幸せなことだったと気づくでしょう。

20代にしておきたい17のこと~
本田健 から一部抜粋。

死ぬほど恋をしてますか?