椅子の座り方で警戒心を解く

今日のお題はこれだ!

相手の警戒心を解く椅子の座り方。

ピックアップ用語 姿勢 

普段の僕は周りから気さくな人だと捉えられていると思う。

しかし、恋沙汰となると僕の場合、
ものすごく人付き合いや会話、
その場の空気作りが

ド下手になります。笑

なんででしょうかね…?

変に意識しちゃうからなんでしょうけど…笑

今回はアダルトちっくに話を進めてみよう。

218EE237-A5E0-4250-BD3C-D4F77F2826EE.jpeg

意中の相手に、さりげなくベッドイン希望を伝えるにはどうすればよいだろうか…

おおっぴらに誘うのも
気がひけるし…とはいえ、今夜は逃したくない‼︎

相手に密着し、
目をじっと見て好意を猛アピール、
という小悪魔的アピールも悪くないが

(僕はこういった経験ないです笑)

もっと簡単な方法がある。

息をゆっくり吐き出し、リラックスして
椅子にだらりと座るのだ。

思い切り椅子にもたれかかってしまうぐらいがベストかなー。

人は日常の生活の中で
さまざまな心理模様を
無意識なしぐさで表している。

椅子にだらりと座っているのは、
心を開いている証拠。

その姿勢を相手に見せることで、
相手の警戒心を解き、好感度を上げる効果あります。

一方これは、
相手が自分に体を許してもいいと
思ってるかどうかチェックする時にも有効である。

相手が足組みをしていたら
性的接触は絶対禁止サイン、
体を抱えるように腕を組んでいたら
「あなたには興味ありません」のサインだと思えばいい。

そんな場合は急なベッドインを狙うのではなく、
むしろ何度か食事などを重ねて、
もう少し自分への警戒心を解いてからトライするのがいいだろう。

また、だらりとした姿勢を見せるのは、
相手に対して90度の角度がベター。

テーブル席だとL字型に座るとベストなんだけどね。
向かい合って話すと、
話し合いのスイッチが入ってしまうために、
話が盛り上がるにつれ、
だらりとした姿勢が逆に傲慢な態度に映ってしまう可能性もなくはない。

しかし、90度や横に座ると、お互いリラックスでき姿勢のメッセージも伝わりやすくなりやすいのかも!!!

コイツとベッドイン不可!の場合は
足を組んで無言の拒否をすべし!!!

ちょっとアダルトなお話でした!